satobulo’s diary

色々なことについて記事を書いていきます

SRV

 

昨日の午前中はレイヴォーンの

コピーをひたすらやりました。

 弾いた曲は

Mary Had A Little Lamb

Texas Flood

の2曲です。

Texas Floodの方は大分難しく

Mary〜の方はわりかし楽な印象

でした。

どちらも3コードを主体にした

オーソドックスなブルースで

使われているソロもペンタトニック

だけなので理論的にも難しくない

初心者にも手を出し易い曲です。

ただし、ペンタの早弾きが多数あり、

開放弦を交えたフレーズが要所要所に

出てくるので決して侮れません。

その分為になるフレーズが多いので

勉強になりました。

早速自分のプレイにどう活かせるか

考えている最中です。

例えば3フレット辺りのペンタを

弾いたら1オクターブ上の15フレット

辺りのペンタを挟み込みすぐに

元の3フレット辺りに戻るとか

瞬間的に挟み込むなんて今まで

聞いたこともありませんでした。

複音弦でのフレージングも、

レイヴォーンのプレイの特徴ですね。

これはあちこちで聞けるプレイですが

レイヴォーンは音の迫力が違うんです。

少しでも近づければいいなあと思います。

 僕のギターの弦はまだ細いセット

を使っているのですが、

太い弦にも慣れていかなければ

いけません。

以前ドロップCの楽曲を弾いたことが

あるのですが、どうもあの弦の太さに

慣れることが出来ませんでした。

異次元の太さに思えて指がすぐに

痛くなり早弾きなんてとても出来なかったです。

これほど太い弦をガシガシ弾く

レイヴォーンはとんでもない腕力

ではないでしょうか?

実際手のひらは相当デカかったみたい

ですし、これも生まれつきの才能

というものなのではないかと思います。

  現代の音楽にはない本物の音楽。

それは人それぞれ違うと思いますが、

少なくとも彼、レイヴォーンは多くの

尊敬を集める本物の音楽を奏でる

男であることは間違いないでしょう。

そんな彼の曲をこれからも弾いて

思いを巡らせたいです。

 

 

 

速読

私は今速読を勉強している。

何週間かやっているのだが

おかげで多少なりとも早く読める

ようになった。しかも、理解力を

落とさずにだ。

 今のままでも十分なのだがもっと

早く読めるようになりたいので

精進したい。

 今まであまり本を読んで来なかった。

三島由紀夫夏目漱石ぐらいは

読んだが太宰治志賀直哉など

読んでみたいが中々キッカケが

無かったのでこの機会に是非とも

読んでみたい。他にも読みたいのが

たくさんある。

自己啓発本は事あるごとに読んで

いたが、ここ最近は一切見ていない。

自分は足りない部分が多すぎるので

本からのインプットが必要不可欠

なのだが、それらの本の知識は

実生活において役に立たないという

声も聞かれる。

 そりゃオンナを口説くとかなら

わからないでもない。マメな男はモテる

とか、安くてもプレゼントをよく

くれる男は好印象だとか書いてあるが

実際その気の無い男にそんな事されても

ウザがられるだけだし、効果もない。

そこは認める。

だが知識を持つ事は絶対に悪い事ではない。どこで活かせるかわからない

のだからどんどん知るべきだ。

 インプットしたならばアウトプットも

必要になる。

それは自分が生きていく上で役に立つ

知識を知り、それをどう活用し、表現

し、人々に訴えかけるか。ここは

センスが問われる。

 昔読書の仕方を教えてくれる本を

読んだ事がある。

そこには100冊文庫本を読むようにと

書いてあった。ただし、歴史小説

自己啓発本などは除く純粋な文学のみ

を対象にするとの事で、それを見て

三島由紀夫夏目漱石の小説を一気読み

したのだが、まだ50冊ちょいなのだ。

ここで村上春樹東野圭吾などを読めば

数は稼げるができればひと昔前の

文学を読んでみたい。

その為に速読を習得してノルマの100冊を達成したい。

 それから現代の文学に触れ、考察し

思いを巡らせたい。

 これを書いている時間があったら

速読のトレーニングをしなければ

いけないがそれはそれ。

今後も書きながらトレーニングを

続けていきます。

 

 

 

熱中症

私は一度なった事がある熱中症

めまいが急に襲ってきてとても

立っていられない。

 

過去に経験したおかげで熱中症には

恐怖心が生まれ、この季節になったと

いつも警戒している。

 外を歩かなければならないときは

必ず帽子とミネラルウオーターを

持って出掛け、室内の空調が効いてない

部屋にいる時は、必ず水分を摂りに

何度も台所か自販機の所に行って水を

買っている。

 ただ、水分を摂ればいい訳ではなく、

塩分もとらないといけない。

あつい時期はアクエリアスポカリスエットが必要なのだが、あれらは

少し甘い。水で割って薄めた方が

好きである。

 また、その2品は人気でよく売り切れ

になり、かわりのあまり飲みたくない

お茶か、コーヒーを買わざるを得ない

ことがある。だがこれは贅沢な悩み

であり、工夫次第で乗り切れる。

 まずは、やはり塩分をいつもより

多く摂るように心掛けることだろう。

塩分を摂りすぎると高血圧になり

病気になると言われているが

この季節ならばその限りではないはず

である。涼しくなったら元に戻して

薄味にすればいい。今は熱中症

倒れる危険を排除するのが最優先

である。

 それ以外だと、塩分の入った飴を舐めることだろう。

飴ならば携帯し易いし、安い。

また、都こんぶみたいな塩分とミネラル

が含まれているおやつも熱中症予防には

効果的だ。

  万一なってしまったら涼しい場所に

移動して首や脇の下、股関節などに

氷嚢をあてて体温が下げることと、

すぐに水分補給をすることだ

あと救急車を呼んで素早い処置で

助かる命があるということを意識

することだ。

 今年もニュースで熱中症で病院に

運ばれたひとがたくさんいるが

悪いが、危機感が足りなすぎだ。

熱は怖いものと思わなければならない。

さて、この気温は今年はどれだけ

上がっていくのか。

少しでも温度がさがり、皆んなが

快適に夏を過ごせることを祈る。

 

 

 

メタル 1

私はとてもメタルが好きです。

様々な音楽ジャンルがある中で

これを選ぶには理由があるので

ここにお伝えさせて下さい。

 まず、出会いはパンテラ

全ての始まりでした。

最初は騒々しい音楽だなと思った

のですが何年かしてある日アルバムを

聴き返してみるとあのグルーブ、

リズム、攻撃的なリフ、速いギターソロ

ドラムの轟などなど全てが新鮮に

思えてきたのです。

 前はそんなこと思わなかったのに、

何故?とずっと思っていました。

その間にもメガデスメタリカなど

スタイルが似ているようで違うバンドの

音源を何枚か聴いていたのですが

それも最初は2、3曲はいいな

と思っていましたがアルバム全ての

曲が好きかと言われたらそういう事はない感じでした。

 しかし、経験を積んで改めて聴くと

とてもかっこいい音楽だなと

思ってくるようになり、やがて

メタルそのものが好きになりました。

 ただ、僕がギターを始めたきっかけは

KISSをテレビでみた時、こんな風に

ギターを弾いてみたいと強く思った

からなので全てはKISSでしょうね。

 派手な衣装とメイク、派手なパフォーマンス、舞台装置や

照明など、どこを取っても一流でした。

かっこいいリフ、メロディアスな

ソロ全てが輝いて見えました。

彼らはメタルと言っていいのか分かりませんが当時見たインパクトはとても

忘れる事が出来ません。

 だからいまだにギターを弾いているのかも知れないです。

メタルの良いところは何も考えないでも

盛り上がれる所ではないでしょうか?

クラブに行って流れているデジタルな

ダンスミュージックと違い、

音に魂が揺さぶられ、聴いてるうちに

自然と拳を天に向けて突き刺して、

一緒に歌うことが出来る、血の通った

音楽ではないでしょうか。

時代は変わってもメタルは無くなる

事は絶対にないと思います。

こんな素晴らしいジャンルの音楽は

永久に不滅です。

以上が私なりのメタルとの出会いと

思いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の出来る人

仕事が出来る人は引き落としを選択して

いる。

いまだに集金を選ぶ人は仕事は出来ない。

間違いない。

プロテイン

大変な事になった。

先日いつも使っているプロテイン

無くなってしまったのでどうせなら

新しいメーカーのプロテインに代えて

みようと思い、ヤフオク

あるメーカーのプロテインを買った。

5キロで1万円だったので試しに

使ってみようと思ったのはよいが

はっきり言って失敗だったのだ。

まず、味がない。今はチョコ、ココア、

バニラ、マンゴー、バナナなど色々な

フレーバーがあるので飽きないし、うまいのだが私が買った品は味がないし、

なにより水を溶けにくい。

シェイカーの底の粉がなかなか溶けない。

いざ飲もうとすると溶けきれてない粉が

舌の上にザラザラとした感触とヌメッとした半溶けの触感が襲ってくる。

それでも何とか飲もうとすると歯に

くっついてくる。

こんなに品質の低いプロテイン

初めてなので驚いている。

説明文を見てみると毎日飲む物に

人工甘味料は不要!ムダなものは一切

含まない!高品質!

 

これが高品質?笑ってしまう。

なによりマズイものは誰も長くは

続けられない。

味は足さないと飽きる以前の問題である

この事をもっと早く知っていたら

絶対買わなかった。

これからは味を確認してから買おうと思う。

早く無くす為に今はガパガパ飲んいる

ただ、5キロだからなぁ〜

約2か月位か? 地獄だな…

 

以前アメリカから直輸入してプロテインを買っていた。それは4キロだったり、

10キロだったりその時々に変えて

いたが、味や溶けやすさは今の

やつより遥かにマシだったのだ。

輸入品にあまり期待をしていなかった

が味は美味しく様々な味が用意

されていた。私はココアが好きだった。

日本にも美味しいプロテインはあるが

大概高い。

そこはアメリカがうらやましいと思わずにはいられない。

 さて、プロテインを使わずに体を大きくしたい人は鳥のササミか胸肉を

食べると思うが、やはり毎回鳥だと

飽きる。そこで、私なりにオススメ

なのがさんまの缶詰だ。

何故か、それは経済的にかつ、持ち運びも楽。栄養素も高い優良食材だからだ。

サバの缶詰でもよいのだがさんまの方が

個人的に良いのだ。

何故か、それは臭いが少ないし、後片付けが楽だから。

サバは臭いが大分あり、また、容量も

一缶に結構入っている。その分タンパク質も豊富だがそこそこ塩分も含まれている。

一方さんまの方は小分けにされたさんまがいくつか入っており、食べやすい。

お汁がサバ缶ほどは入ってないので

缶の後片づけがラクチン。

カロリーはそこそこあるが、小分けに

なってるので無理をしない範囲で

食べられる。

塩分はあるが汁を飲まなければいい。

だがそのお汁にはDHAEPAが含まれているので悩ましい。

ほかはやはり豆腐だと思う。

低カロリーだが、食べ過ぎは逆効果。

木綿、絹どちらもタンパク質は豊富。

以前、麻婆豆腐をよく食べたが、

あれはカロリーが高く、脂質もあるので

やめた。まれに食べる位だ。豆腐を使った料理は色々あるがやはり冷奴が

いいだろう。

あとは脂の少ない魚の刺身かな。

だが、刺身を食べるならササミの

方が安い。余裕があるならいいが。

卵はタンパク質はあるが摂りすぎは

身体に悪いので食べなかった。

飲み物はやはり無脂肪の牛乳だが

味があまりよろしくない。

低脂肪の牛乳でもいいが飲み過ぎは

ダメ。

やはりプロテインだと低カロリーで

体を作ることができるなくてはならない

品物だ。

毎日スーパーに行って肉や魚を仕入れ

のは骨が折れる面倒。

自分なりに大容量で安いメーカーの

プロテインを早く探してそれを使い続けるのが一番。

 

さて次はどこのメーカーのプロテイン

使おうかな…

 

 

 

筋トレ

私は毎日筋トレをしている。

昔は徹底的にやっていた。

だが今はダンベルは持たずに腕立てや腹筋、チューブを使って背筋を鍛えている。ダンベルは使わない。

前は腕、肩、胸が太くなればなるほど着れる服が無くなってしまったのでやめた。

今はほどほどにしてスリムな筋肉を

つけたいのでやりすぎないようにしている。

あとはランニングを加えればいいのだが

私は外は絶対走らない。

なのでジムに行くのもありではないかと

最近思うようになってきた。

行き始めるとまたダンベルを持ちたく

なってしまうだろう。

あと食事制限も。

さてなぜ筋トレをしているのか?

それは単純。太ったからだ。前より

6キロ太った。だから痩せようと

またトレーニングをやり始めたのだ。

最初は今まで通りやっていたのだが何か違っていた。

やはりここ6年ほどトレーニングから遠ざかっていたので何もかもがきつかった。

それに体も昔と違って早い回復が

出来なくなったのだ。

老化が確実にからだを蝕みはじめた。

このまま何も手を打たなかったらヤバイ

少しでも体を鍛えて痩せなくてはいけない。そう思いやり始めた。

はっきり言って金をかければ

モデルの様な細マッチョの体か

すぐにできるだろうし、ムキムキの

体にもなれるだろう。

前にあるプロテインを買った時に

一緒に梱包されていたメモがあった。

日本ではマッチョは嫌われているが、

外国、特にアメリカではマッチョの

ほうがモテるらしいです。

男らしいゴツい体を手に入れて

あなたもモテましょう!と。

実際、ムキムキの人とスレンダーな

彼女が一緒に写っている写真を

よく見たことがあるし、フロリダの

ビーチで走っているマッチョが

物凄く多いのはテレビで見たことがある。

中には人間離れした筋肉を纏った

やつも見かけるが、実際モテる。

お国柄というものか。だが、ここは

日本だ。モテるわけない。マッチョよりジャニーズである。それに私に限っては健康の為の筋トレをしているのであって決してモテる為にしているわけではない…多分。

食事も少しずつ変えている。

揚げ物は少なくしているし、野菜も

きちんと摂取していて、栄養バランスを

考えている。ご飯は玄米だが以前より

少な目にしてよく噛んで食べるように

した。その上でまずいプロテイン

のんでいる。あればかりは毎度慣れないのだ。味があれば美味いのだろうが

無いタイプを買ってしまい、さらに、

水に中々溶けてくれない。

しかも、5キロという大容量!

これは中々の問題なのである。

サッサと無くしたいから毎日ガパガパ

シェイカーに入れて飲んでいる。

今後3カ月位地獄が続くと思うと

気が滅入る。

 梅雨時期が終ると夏本番なので、

室内はクーラーをつける。

以前は部屋にダンベルが数種類、ベンチ

マット、チューブが数種類あったのだが

いまはチューブのみ。とてもシンプルだ。したいときに気軽にやれるのがいい。器具もいらないし。

それと同時にアミノ酸の入った粉末の

やつや、アルギニンの粉末、ビタミンの

錠剤などプロテイン以外にも色々

摂取していた。

だが、何か体に悪いのでは無いかと思い

途中でやめたが。(その時は排尿すると

いつも真っ黄色の尿が出ていた)

 そんなものを使って試行錯誤して、

シンプルな方法に辿り着いた。

今思えば貴重な体験だった。

それにマッチョにならなくてよかった

とも思う。あれはなりたい人がやればいい。

 最近ムキムキになる芸能人が多いが

大概変な人ばかりがマッチョになる。

まともな人はああにはならないからだ。

日本ではマッチョは地位が低い。

絶対ならないことを勧めます。