satobulo’s diary

色々なことについて記事を書いていきます

学び

人は生きている限り学び続けなければならない。

そうは思っても何を学ぶのか?

そもそも学ぶものがない人は

人ではないのか?

常日頃より悩んでいた事の一つの

テーマである。

今のままでいいのなら簡単だ。

ただ生きていけばよい。

だが、何かしたい事がある人は

苦難が待ち受けている。

その先に答えがあるが、果たして

それは求めていた答えなのか仮に

違っていたらまた、別の苦難の道に

踏み入れなければならない。

私に限ってはこのブログを一つの

きっかけにして新しい苦難の道を

進む事にした。

一番最初のブログでは音楽を勉強

して行くとは言った。

しかし私はそれだけではない。

他の事柄も平行して学んでいる

それは速読法だ。

前からやりたいとずっと思っていた。

本は時々読むがもっと読みたいと

思うようになってきた。

しかし時間がかかるのと、目が

痛くなってしまう為遠ざかっていたのだ。

速読が出来れば時間を有効活用して

新しい知識を入れることができる。

そのために一番の近道を行く事にした。

実際少しやってみて読む速度が上がった

のだ。

まだまだ先は長いが必ず身に付けて

みせる。

さてさて、実はもう一つ実践して

いる事がある。

それは集中力を付けるトレーニングだ

人は誰しも持っているが、私も中々

物事に集中して取り組むのが苦手

なのだ。

昔テレビゲームをしてた時は集中してやっていたので集中力自体は私も持っているはずなのだ。

これからは集中力を自在に操り

勉学に勤しんで行きたい。

今後は

語学にも挑戦したい。

やはりこれからの社会はいくつかの

言語を操れる方が良いだろう。

個人てきにはイタリア語やスペイン語

はとても好きな言語なのだ。

英語より遥かに。

聞いた時の感じが好きとしか言いようがないが何か心地の良いものを感じるのだ

 

英語はなにか冷たい感じ。

フランス語は甘い感じ。

ドイツは厳格な感じがする。

(あくまでも主観)

先のふたつは自分に合っている。

 

韓国語は旅行に行くなら少し知って

いればよいかな。日本語もある程度

分かるみたいだし。

中国語はいっぱい喋っている割に

訳してみると少しだけだったり

やたら大声で喋っているイメージだ

国民性なのか教えなのか分からないが

中国には可能性は感じる。だが住むなら

日本だろう。

インドは文化は素晴らしいが、暑すぎる。人が多い。交通が大変。カレー

しかなさそう。美人が多い。

一人旅だと危険。パキスタンと争っているのでそこらへんは危険。牛と象は

神聖な生き物なのでみな優しくしている。←これは怪しい。あれだけ人が

いれば殺している人もいるのでは?

こんなところか。

中国と同じ可能性を感じるが国民性は

どうなのだろう。あまりインド人の

性質や性格は知らない。

数学が得意なのと、映画でやたら踊り

たがる事は知っているが。

ロシアは巨大な国家で内戦があったり

他国に武器を提供したりマフィアが

恐ろしかったり、アメリカと争って

いたりやたら過激な国という印象。

ロシア語もできたらロシア美人とも

話せるが、やはり気候が寒い。

寒いとやる気が起きない。なので

苦手。同じ理由でスウェーデン

デンマークと言った北欧の国々も苦手だ

やはり過ごしやすい国がいい。

旅をするならいいけどね。

オーストラリアをはじめとする南の国は

暑すぎる。ダメ。

さて様々な国の言語を学ぶのは自分の

可能性を広げることだと思う。

覚えておいて損はないはず。

それに習得して英検やTOEICといった

就職、転職に役立つ資格を取れれば

未来は明るいはずだ。

正直いまは可能性を考えるのが楽しい。

ものにしてみせる!