satobulo’s diary

色々なことについて記事を書いていきます

熱中症

私は一度なった事がある熱中症

めまいが急に襲ってきてとても

立っていられない。

 

過去に経験したおかげで熱中症には

恐怖心が生まれ、この季節になったと

いつも警戒している。

 外を歩かなければならないときは

必ず帽子とミネラルウオーターを

持って出掛け、室内の空調が効いてない

部屋にいる時は、必ず水分を摂りに

何度も台所か自販機の所に行って水を

買っている。

 ただ、水分を摂ればいい訳ではなく、

塩分もとらないといけない。

あつい時期はアクエリアスポカリスエットが必要なのだが、あれらは

少し甘い。水で割って薄めた方が

好きである。

 また、その2品は人気でよく売り切れ

になり、かわりのあまり飲みたくない

お茶か、コーヒーを買わざるを得ない

ことがある。だがこれは贅沢な悩み

であり、工夫次第で乗り切れる。

 まずは、やはり塩分をいつもより

多く摂るように心掛けることだろう。

塩分を摂りすぎると高血圧になり

病気になると言われているが

この季節ならばその限りではないはず

である。涼しくなったら元に戻して

薄味にすればいい。今は熱中症

倒れる危険を排除するのが最優先

である。

 それ以外だと、塩分の入った飴を舐めることだろう。

飴ならば携帯し易いし、安い。

また、都こんぶみたいな塩分とミネラル

が含まれているおやつも熱中症予防には

効果的だ。

  万一なってしまったら涼しい場所に

移動して首や脇の下、股関節などに

氷嚢をあてて体温が下げることと、

すぐに水分補給をすることだ

あと救急車を呼んで素早い処置で

助かる命があるということを意識

することだ。

 今年もニュースで熱中症で病院に

運ばれたひとがたくさんいるが

悪いが、危機感が足りなすぎだ。

熱は怖いものと思わなければならない。

さて、この気温は今年はどれだけ

上がっていくのか。

少しでも温度がさがり、皆んなが

快適に夏を過ごせることを祈る。