satobulo’s diary

色々なことについて記事を書いていきます

ブスの本質

私はブスはあまり好きじゃない。

ノリの良いブスも悪いブスも

苦手である。

 さて、ブスは日本語でさらに言い換えれば醜女とかくのか。意味を調べてみると容姿の醜い女と書いてある。

ブスはブスでも醜いと言い表わされる

のは少々ひどい気がするが。

さてなぜ苦手かは今更かく必要も

ないだろうがなによりたちが悪いのは

無口なブスではないか。

とくに社交的でもなく明るくもなく

無口。こちらは気を使って話しかけるが

大して話さない。何を考えているのか

分からず会話にも無関心。

これでは気を使うこちらがバカらしく

思って来る。なのでこちらも話すこと事がなくなりその場を去る。

冒頭に書いたノリ良さがあれば

同じブスでもまだ救いがあるが

これではどうしようもない。

 いまだに独身じきに50になろう。

こんなだから彼氏がいないのも

婚期が遅れるのもわかる。

 さて、女はオバさんになると大概

ブスになる。

旦那の愚痴、主婦同士の陰口の言い合い

自慢比べ、人前で裸になり、大声で

喋り、挙げ句の果てには放屁。

ここは動物園か?と思うような騒々しさ

で恥知らず。

この人いや、この人種には

他人のふり見て我がふり直せ

と言う諺は知らないらしい。

 ただ、一方で美人でしっかりした

ひとはとても好きだ。

そういう人は歳を重ねてもしっかり

しているからだ。

例えるなら雑誌のモデルをしている

人達がそうである。

まあ、裏表を知った上でという注釈が

つくが。

モデルの人達は美に対して非常に

神経をとがらせている。何故なら

常に最新のトレンドや、メイク道具、

ファッション、グルメなど多種多様な

ジャンルに詳しくないとライバルに

席を代わられてしまうからだ。

流行り廃りの世の中で

今の地位を守り続けるのは大変な

ことである。そんな経験を積んだ

人はしっかりしている。だから好きなのだ。 

 ブスにもこれくらいの向上心が欲しい

ものである。

かくゆう私は美男ではない。

普通だと思っているが、

そもそもこんな記事を書いている人は

内面がブスなのだろう。

人は内側までは外見で判断できない。

厄介な生き物なのである。

 

 

 あと、書くネタが無くなったので

明日以降はしばらく自分の小説を

載せます。